カリキュラム

[3年制]イラストレーション科

オリジナル授業

PICK UP CLASS

プロになるためのルネサンス オリジナル授業

イラストレーションゼミ

現在、第一線で活躍中のゲストイラストレーターから
直接アドバイスをもらえるルネサンスオリジナル授業。
その中から、イラストレーター ニリツ先生による萌え系ラノベイラスト
表紙制作の授業(対象1年生:全6回)をご紹介します。

ニリツ先生の授業のポイント

1.イラスト制作に必要なのは、才能やセンスではない!
画力向上に必要なのは、目的意識をもって必要な知識を身につけ、たくさんの練習をして、技術を積み上げることです。
2.目的をもってイラストを描こう!
たくさんの人に見てもらう、伝えるためには、気にするべきことがいっぱいあります。それらを意識することからこそ、より質の高いイラストが作れます。
3.商業的なイラストはコミュニケーションのためのツール
自己表現というより他己表現。自己の個性を表現するというより、自分以外の誰かが、伝えて欲しいことを、その人の代わりに絵に込めるのがイラストレーターの仕事です。
イラストレーター ニリツ先生多摩美術大学情報デザイン学科情報デザインコース中退。鮮烈な色使いと艶やかな線を戦略的に組み合わせ、数々の魅力的なイラストを生み出す。代表作『処刑少女の生きる道(GA文庫、SBクリエイティブ)』などライトノベル作品での実績は多数。近年は、各所の専門学校でイラスト講師として教鞭も振るう。

課題完成までのメイキング

- 2019年度入学生制作作品 -

  • ① 余白を失くし、女の子の顔を可愛くする

  • ② 首、手、太ももから下に修正が必要、人体と服のパースがおかしい(袖やニーソックスのパースが逆など)

  • ③ 武器のサイズ感と置き方に違和感、下半身の人体描写とスカートの描写に修正が必要

  • ④ ③で添削を受けたところを踏まえ、全体的に修正を行い完成。より魅力を増すために、武器を持たせたポーズに変更した点を評価される。表紙を想定しているので、帯がまかれた状態も意識した制作が出来た。

  • キャラクターデッサンⅠ~Ⅲ

    キャラクターデッサン イメージ

    クロッキーをベースとして、全体を見る力を養います。人体やキャラクターをバランス良く描くための基本的なルールや技術を学び、目指す職業に適したキャラクター描画力を身につけます。1年次年度末には、総まとめとしての短期集中講座を行い、2年次に向けての技術定着を目指します。

  • デジタルイラストⅠ~Ⅲ

    デジタルイラスト イメージ

    CLIP STUDIO PAINT、Photoshopによる描画の基本から、実践的なノウハウ、テクニック(キャラクター着色、背景着色、質感表現など)を学び、ハイクオリティなデジタルイラストの制作技術を習得します。「pixiv」との提携授業も実施しています。

  • マンガ制作ゼミ

    マンガ制作ゼミ イメージ

    マンガ制作と持ち込みを繰り返し行います。マンガを完成させる力とスケジュール管理能力、編集者とのコミュニケーション力を実践形式で学び、身に付けます。

  • DTP

    DTP イメージ

    デザイン制作とイラスト制作を行う上で欠かせない基本ソフトAdobe PhotoshopとIllustratorの操作方法を学びます。1年次に集中的に授業を行い、技術を習得することで、2年次以降、様々な媒体へ表現の幅を広げることを可能にします。

  • WEB Ⅰ~Ⅱ

    WEB イメージ

    ウェブサイトの基礎知識から最先端のデザインやコーディングまで、制作現場で求められる技術を中心に、2年次の専攻分けから学ぶことができます。

  • 人体集中講座

    人体集中合宿 イメージ

    人体描画に必要な知識と技術のまとめを、1年生の最後に集中講座形式で行います。課題の人体イラストをプロのイラストレーターやアニメーターから何度も修正を受け、最低限必要とされるレベルと知識の習得を目指します。

  • 2度の海外授業

    人体集中合宿 イメージ

    海外授業では、現地学校訪問をはじめ、現地の多くの方々と交流をします。
    この授業では、日本では体験できない価値観の違いを学ぶと同時に、世界に通じる普遍的な考え方を知るための機会となります。
    海外授業の中で代表的なプログラムは、ジャパンウィークへの出展参加です。
    ジャパンウィークは、毎年ヨーロッパで開催される日本文化の多彩な魅力を海外で披露・紹介し、楽しみながら日本文化を知ってもらう国際交流イベントです。イラストレーション科では、開催都市の皆様に似顔絵やイラストのプレゼントやデジタルイラストのライブペイント、缶バッジのワークショップを通じて、日本のイラスト・マンガ・アニメの文化を楽しく体験して頂けるブースを出展しております。毎年好評を頂いており、現地の皆様も学生たちも笑顔溢れるイベントとなっております。

3年間の流れ

LEARNING FLOW

実践力と画力を身に付け、
着実に成長しプロのクリエイターへ

高い専門技術が求められる業界のプロになるために、基礎作画技術を身に付け、
ユーザーとクライアントの要望や流行に対応できるクリエイターを目指せるカリキュラムを用意しています。

1年次徹底的に基礎を学び、
画力向上のための土台をつくる

主な授業

  • デッサン
  • キャラクターデッサンⅠ
  • デジタルイラストⅠ
  • DTPⅠ
  • マンガ表現基礎Ⅰ
  • イラストレーションゼミ
  • 背景パース基礎
  • アナログイラスト
  • 色彩論
  • ビジネストレーニングⅠ

2年次~3年次
自分の学びたい専攻に分かれ、基礎から応用へと技術の幅を広げ
見据える進路先の業界で求められるレベルに仕上げる

主な共通授業

  • キャラクターデッサンⅡ・Ⅲ
  • イラストレーションゼミ
  • 著作権検定対策
  • ビジネストレーニングⅡ
  • 社会人トレーニング
  • 海外授業
  • クリエイター能力認定試験対策 Photoshop/Illustratorスタンダード
  • イラスト専攻
  • デザイン専攻
  • マンガ専攻

デッサンなどの基礎から、キャラクター描画を中心に学び、
ゲームイラスト、アニメーション、背景美術まで幅広く絵が描ける技術を身につける。

2018年度卒業生(PN:zozo)による在学中課題作品

主な専攻授業

  • デジタルイラストⅡ
  • デジタルイラスト応用
  • イラスト表現応用
  • 背景パース技法
  • Spineアニメーション
イラスト専攻の
目指せる進路
イラスト 
キャラクターデザイン 
アニメ ゲーム

イラストをはじめ、様々な表現手法を学び、
感性を活かした多様なデザインを発信する。

主な専攻授業

  • WEBⅠ・Ⅱ
  • パッケージ/ロゴデザインⅠ・Ⅱ
  • ポスター/編集デザインⅠ・Ⅱ
デザイン専攻の
目指せる進路
グラフィックデザイン 
Webデザイン 
パッケージデザイン 
広告デザイン

デジタルからアナログまで、多彩なマンガ表現を学び、
商業連載で活躍できるプロレベルのマンガ技術を目指す。

主な専攻授業

  • マンガ表現応用
  • ネーム研究実習
  • マンガ制作ゼミ
  • 背景パース技法
マンガ専攻の
目指せる進路
マンガ

成長ビフォーアフター

BEFORE・AFTER

目に見えてわかる成長をキミも実感できる!!

  • イラストレーション専攻

    勉強と練習を積み重ねて上手くなる

    入学してから、イラストを本格的に学び始めた
    2018年度卒業生(PN:きくらげとむ。/twitter ID:@kikuragetom)の場合

    入学時:デジタルイラスト経験はなく、イラストは模写を中心に描いていた。
    1年次修了制作:入学して1年間、キャラクター描画とデジタルイラストを中心に学び、一枚イラストを完成できるレベルに。
    2年次授業課題:講師陣のアドバイスを参考に、線画の技術や色使いを向上させ、商業を意識したイラスト制作を続ける。
    3年次卒業制作:学校の課題以外でも、自主的に流行のイラストを日々研究し、キャラクターデザイン、イラスト構図のクオリティを向上させ、プロのイラストレーターや大手ゲーム企業からも高く評価されるイラスト制作を実現。

  • デザイン専攻

    作品とともに自分も成長していく

    ルネサンスのデザイン専攻では日常的に使っているデジタル機器や街で見かける印刷物を制作するためのマルチなスキルを習得できるプログラムが用意されています。1年次はイラストレーションをはじめ、デザインの基礎やパソコンの基本操作を習得します。2年次では1年で学んだスキルをもとに、仕事(実践)を想定した企業コラボレーションでの表現展開や、コミュニケーション力を育む事に挑戦していきます。またコンペへの応募も積極的に行い実績を重ねていきます。こうした姿勢や取り組みが3年次で作品や自分自身の成長として表れ、就職へとつながるのです。

    • デザインの
      基礎を学び・理解する
    • 表現の幅が
      広がり、展開できる
    • 現場力が付き
      問題解決ができる
  • マンガ専攻

    作品完成を繰り返し壁を越える

    在学中に2度の受賞を達成した2019年度卒業生(PN:藤原革命)の場合

    1年次修了制作:初めて本格的なストーリーマンガを制作し完成させる。
    2年次修了制作:2年次の夏に1本マンガを完成させる。その持ち込みで担当が付き、そこで経験したことを活かした修了制作作品で初の受賞を果たす。
    3年次卒業制作:3年次の夏から秋にかけて、悩みながらも制作したマンガで2度目の受賞を果たす。自信を取り戻して臨んだ卒業制作では、講師陣だけでなく、外部の編集者やマンガ家から高い評価を得た。持ち込みと作品完成を繰り返し、壁を越えたことでデビューに向けての礎を築くことが出来た。

Award

受賞作品

Klab Creative Fes -2D- キャラクター
イラストコンテスト アマガイタロー賞受賞
千葉市市制100周年ロゴマーク公募
優秀賞受賞
妖怪アクションマンガ「双妖の山颪」
(PN:藤原革命)
週刊少年チャンピオン月例フレッシュまんが賞
期待賞受賞